MIDI Thing

製品概要

MIDI Thingはコンパクトな4チャンネルMIDI CV/ゲート変換を可能にするインタフェースです。約1セントの精度でV/Octコントロールを可能にする12ビット変換を搭載。

複数チャンネル、ポリフォニーやドラム・トリガーモードが備えて、MIDIメッセージを簡単にCV/ゲート信号に変換可能。

たった1つのボタンを押すだけで、モードの切り替え、MIDI

チャンネル自動認識やキャリブレーション調整など、様々な設定にアクセスできます。

機能

  • ポリフォニック、モノフォニック、ドラムモードを含む12の異なるモード
  • 選択可能なクロック解像度:4824126および3ppqn
  • リトリーがーのONOFF切り替え可能
  • ストップメッセージが到着したときにクロック処理をオフにする「ラーニング・クロック・ モード」。
  • ST/SP出力の2つの異なる動作
  • 精錬された、分かりやすいUI

仕様

  • 必要な電源: +12V: 32mA, -12V: 8mA
  • 幅: 6 HP
  • 奥行:30mm(電源コネクターを含めて)
  • アルミニウム、熱処理済みフロントパネル
  • バルセロナで設計、組立、キット準備、モジュールを完成した
  • Modular Gridで表示