Rampage

製品概要

Rampageは、Serge/Buchla発明したランプ・ジェネレーターに触発され、Befacoならではのオリジナル・モジュールです。

「プログラミングできる関数ジェネラー/プロセッサ」回路を同じモジュールに2つも搭載し、そして様々な可能性を可能にする新機能も追加:スロープ検出器、アナログロジック関数と進化した出力も搭載。

機能

  • このモジュールは、2つの電圧制御インテグレーターを中心に構築されています。インテグレーター(ラグプロセッサまたはスルーリミッターとも呼ばれる)を使用すると、電圧を処理し、尖った波形を柔らかくできます。
  • 例えば、ゲート信号を単純なエンベロープに変換したり、ピッチCVに適用すると「ポルタメント」または「グライド」効果にできます。
  • インテグレーターのもう一つの便利な機能は、オーディオ信号にローパスフィルターを掛けることです。詳細はユーザーマニュアルをご参考ください。

仕様

  • 必要な電源: +12V: 110mA, -12V: 90mA
  • 幅:18 HP
  • 奥行:30 mm(電源コネクターを含めて)
  • アルミニウム、熱処理済みフロントパネル
  • バルセロナで設計、組立、キット準備、モジュールを完成した
  • Modular Gridで表示

RAMPAGE使い道一覧

・CVコントロールのアタック・ディケイエンベロープ

・ADSRエンベロープ .

複雑なADSRエンベロープ

・ デュアルVCO: 矩形波、PWM波、ノコギリ波、ログ波、Exp波、三角波、等々。ハード・シンクとソフト・シンク可能

ゲーテ付きVCO

デュアル・ロー・パス・フィルター

 

・VCOソフトシンク付きのデュアルローパスフィルター

・ローパスフィルター+ADエンベロープ

・正方波/PWM/ノコギリ波/三角波付きシンク可能なデュアルLFO

・複雑なLFO

・CVコントロール「ピンポン」LFO

・デュアルスロープ検出器

・コンパレータ:B入力はA入力より大きい場合にゲート信号を送信します

・ポリリスミックゲートジェネレータ

・CVコントロールス付きルーリミッター

ピーク電圧フォロワー。Max outは最大入力に従います。

・最小電圧フォロワー。最小アウトは、最小入力に従います。

・エンベロープフォロワー

・CVトリガーディレイ.

・バーストジェネレータ